FC2ブログ
 

「コジジのインド日記」改め「それから日記」改め       「コジジ教授の新それから日記」

4月22日(水) アンコールワットへの旅。その4.

昼食をはさんで、午後は大周りルートの遺跡ツアーです。

⑤プリヤ・カン僧院:12世紀末の仏教僧院ですが、仏教的彫刻の殆んどが
破壊されてしまいヒンドゥ教の彫刻のみが残っています。
かつては10万人以上の僧侶達が暮らしていた巨大僧院だとか。
CIMG6613.jpg
仏像の頭部が全部破壊されていて大変悲しい。
CIMG6616.jpg CIMG6617.jpg CIMG6638.jpg
逆にヒンドゥ教のレリーフなどは綺麗な姿で。このガルーダは立派。

⑥ニャック・ポアン聖水池:12世紀末の仏教建築。中央の塔に観世音菩薩が。
その四方には、象、獅子、牛、人の顔があり、その口から聖水が流れ落ち、
病の人々を治癒したとのことです。
CIMG6641.jpg
基壇の下には大蛇ナーガが二匹取り巻いていて、神馬ヴァラーハが対峙しています。
説明内容から推察するに、スリランカの仏教神話から由来しているような気がします。
それにしても保存と修復が酷過ぎて、せっかくの遺跡がとても貧弱に見えました。

⑦プレ・ループ寺院:961年建立のピラミッド型ヒンドゥ寺院。
CIMG6652.jpg
3層の基壇があり、第1層に6つのレンガ造の塔が。そして中央テラスに
石造の櫓がありここで荼毘を行った模様です。この儀式をプレ・ループと
呼んだのが名称の由来とか。
CIMG6658.jpg
建築的には、基壇のラテライト(紅土石)と仕上げ材の砂岩、積み上げたレンガの
構造が非常に良くわかり、とても興味深く観ることができました。

この後、旅行社が用意してくれたシャワールームで汗を流し、時間があったので
足裏マッサージを。(30分5米ドルは安い) そして、6時過ぎに飛行場へ。
もう一日追加すれば「東洋のモナリザ」で有名なパンティヤイ・スレイに
行けたのですが、これは次回のお楽しみに。

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

TB*URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

仏像 仏教

4月22日(水) アンコールワットへの旅。その4. ?プリヤ・カン僧院:12世紀末の仏教僧院ですが、仏教的彫刻の殆んどが破壊されてしまいヒンドゥ教の彫刻のみが残っています。 かつては10万人以上の僧侶達が暮らしていた巨大僧院だとか。 CIMG6613.jpg 仏像の頭部が全部?...
[続きを読む]

仏像の世界 | 2009年04月29日(Wed) 23:13