FC2ブログ
 

「コジジのインド日記」改め「それから日記」改め       「コジジ教授の新それから日記」

4月29日(火) 東京ドイツ村 @千葉県袖ケ浦。

タケノコ料理へ行く途中で立ち寄ったのがこちらです。
DSC08587.jpg
関東一の芝桜が、ということで行ってみましたが、群馬のほうが
見応えがありました。面積的には大きくてもまだ成熟度が今一つ、
といったところでしょうか。
DSC08593.jpg
草原が広がっていて子供たちには楽しい所ですが、入場料1200円は
ちょっとお高いか。リピーターを獲得するにはもう一工夫が必要でしょう。
DSC08601.jpg
DSC08599.jpg
それにしても明らかに千葉県なのに、どうして東京ドイツ村なの?

スポンサーサイト

4月26日(土) タケノコ料理 @千葉県大多喜。

今はタケノコが旬ということで、友人たちと日帰り旅行をしてきました。
目的地は大多喜町にある、ズバリその名の通り郷土料理「たけのこ」。
DSC08608.jpg
まずは写真をご覧ください。たけのこ御膳3500円でございます。
DSC08607.jpg
そしてこちらが実物写真です。
たけのこの刺身、煮物、酢の物、焼きたけのこ、天麩羅、唐揚げ、
DSC08609.jpg
そして、ステーキ、味噌汁、最後の〆は、たけのこご飯。
DSC08611.jpg
ということで、たけのこオンパレードのフルコースでありました。
タケノコ料理はもう結構、というくらい堪能できました。

この地、大多喜での、二つの訪問地もご紹介しましょう。
先ずはじめは、夷隅(いすみ)鉄道の総元(ふさもと)駅。
DSC08612.jpg
料理店「たけのこ」から歩いてすぐ近くの駅で、単線の無人駅、
しかも公民館併設。素朴な田舎駅をも味わうことが出来ました。
DSC08615.jpg
黄色く可愛い一両列車。
DSC08619.jpg

もう一か所は大多喜城。徳川四天王と謳われた戦国武将・本田忠勝の
居城であります。現在は、歴史資料館になっています。
DSC08603.jpg


4月22日(火) 上田の「三宝柑福居袋」。

先般、上田の親戚から大変すてきなお菓子を頂戴しましたので
皆さんにご紹介させていただきます。
DSC08453.jpg
和歌山産の三宝蜜柑の中をくり抜き、その身で造ったゼリーを再び
詰めてあります。美味であり、かつ、見た目も素晴らしいです。
DSC08454.jpg
お値段もなんと一個500円以下なのです。が、
残念ながら季節限定販売でして、10月~3月末にて今年は製造終了。
DSC08456.jpg

*ご参考: みすず飴でおなじみの「飯島商店」の限定手造り商品です。
この会社は、上田駅すぐ徒歩2分にある、大正13年からの老舗であります。
その店舗も、国の有形文化財に指定されています。
shopguide-l1[1]

4月20日(日) 桜の見どころ→穴場発見!

先日友人に勧められて行ってきました。
桜の見所は、上野、千鳥ヶ淵、目黒川、飛鳥山などが有名ですが、
いずれにせよ東京ではもうサクラは終わりと思っていたら大間違い、
素晴らしい場所がありました。
多摩森林科学園」です。高尾駅(JR・京王線どちらでも)から
徒歩10分のところにあります。
DSC08526.jpg
なんと歴史は古く、大正10年から山全体55Haを林業試験場として
設立、現在も公園ではなく試験地として運営されていますが、一般にも
公開されており、入園料は大人400円です。9:30~4:00開園。
DSC08534.jpg
DSC08543.jpg
特に「さくら保存林」には全国のサクラが1700本植えられており、
今が真っ盛りでありました。ゆっくり散策して約1時間のコースが
設定されていますので、まさに都内の穴場であります。
DSC08542.jpg
平日でしたが、多くのシニアの方々がお弁当を食べながながら寛いでいました。
DSC08541.jpg
要所要所には、ボランティアガイドの方がいて対応してくれるので安心です。

4月18日(金) スリランカ旅行・おまけ写真。

ほぼ2か月にわたりご報告してきた、スリランカの旅も今日で最後です。
まだまだたくさんの写真やエピソードがありますが、今回はこのくらいに
しておきましょう。
では最後におまけの写真です。
DSC07874.jpg
一般的な果物屋さん。バナナの品ぞろえが豊富だこと。
DSC08164.jpg
ゴールの海岸でおしゃべりに夢中な女性たち。
DSC02158.jpg
社会主義でもないのに、街の至る所で見かける大統領の看板。
DSC08355.jpg
それに引き替え、ワンちゃんのうらやましい姿。
DSC07997.jpg
歩道にびっしり。下校中の小中学校生たち。
DSC08149.jpg
同じくダンスの練習中の小学生たち。とにかく子沢山です。
DSC07757.jpg
街で出会った怖いおばば。
DSC08110.jpg
スーパーで見かけたKOMEというおせんべい。3種類の味が。
DSC07772.jpg
おおとりは、ペンキの新聞広告。なんでお相撲さんがいるのか摩訶不思議。

4月14日(月) スリランカ旅行・他のホテルも。

もう一つ、素敵なホテルをご紹介しましょう。
スリランカの建国の父ともいえる、ジャヤワルデナ元大統領のお宅が
改装されてホテルに大変身していたのです。この辺りはコロンボ市内でも
大臣や大会社の社長たちの邸宅がある高級住宅地の一角です。
DSC07558.jpg
DSC07559.jpg
DSC07565.jpg
DSC07567.jpg

ところでジャヤワルデナ元大統領は日本人の大恩人ですが、皆さんは
ご存知でしょうか。
太平洋戦争後、敗戦国日本をどう扱うかで国連でほぼ決まりかけたのが
以下の地図に示す「日本分割統治案」だったのです。
526px-Divide-and-rule_plan_of_Japan[1]
これに対し、大反対を表明し大演説を行ったのがこのジャヤワルデナ
元大統領なのです。彼の演説を聞き世界各国が一気に同調して、
現在の日本国が守られたのです。
私は、なぜこのような重要なエピソードを、日本の小中学校において
社会科の教科書で教えないのか不思議でなりません。

4月11日(金) スリランカ旅行・新商業施設。

商業施設も次々と開発されていました。一例をご紹介します。
DSC08317.jpg
この場所は、イギリス植民地時代には競馬場だったもので、
我々が居た10年前は軍の運動場だったはずです。
それがご覧のとおり、見事に最新のショッピングモールへと大変身!
DSC08325.jpg
観客席の下部分がモールになっています。
DSC08329.jpg
かなりモダンなお店もラインアップされていました。
DSC08321.jpg
ただしちょっと高級すぎてか、お客さんはまばらでありました。
DSC08330.jpg

4月9日(水) スリランカ旅行・コロンボ有名建築。

コロンボの有名建築の写真も撮ってきました。
私の年賀状に描いたイラストと並べてご覧ください。
DSC07537.jpg
コロンボミュージアム。
DSC07894.jpg
コロンボ市庁舎。
DSC08468.jpg
私の2001年、2002年の年賀状です。
DSC07768.jpg
スリランカ旧国会議事堂。
DSC07509.jpg
ゴールフェースホテル(現在改装中)。
DSC08467.jpg
1998年と2000年の年賀状です。

ということでお楽しみいただけましたでしょうか。

4月7日(月) スリランカ旅行・コロンボ旧市街。

コロンボ中心街の建物は以前のままで、イギリス植民地時代の
雰囲気を保っていました。目立つ建物をいくつかご覧下さい。
DSC02160.jpg
DSC07745.jpg
DSC07736.jpg
DSC07750.jpg
が、民族紛争が完全に終結したことから、ホテルや高層ビルが
次々と計画され、建設ラッシュが続いています。
DSC07733.jpg

4月4日(金) スリランカ旅行・ロイヤルコロンボゴルフ場。

懐かしいゴルフ場でプレーも致しました。なんと10年以上前の
キャディやボーイ達から次々と声を掛けられたりして、
懐かしく嬉しい時間を共有できました。
DSC07723.jpg
クラブハウス、コースともにきちんと手入れされ良くなっていましたが、
お値段も3倍は上がったでしょうか。 ビジタープレー費が9000Rs
(約7000円)、キャディ費も500RS(約400円。以前は150RS)。
DSC07720.jpg
以前は居なかった女性のキャディ達も。
DSC07716.jpg
オオトカゲも健在でした。
DSC07715.jpg
今回ご一緒した旅行のメンバー達とプレー後にビールで乾杯!
DSC07722.jpg

4月2日(水) スリランカ旅行・ムニさんのお店。

私のブログにも時々登場するのが、コロンボで大活躍のレストラン
経営者ムニダーサ氏、通称ムニさんです。今回も彼のお店でごちそうに
なりました。
DSC07494.jpg
先ずは日本料理「日本橋」。
DSC07581.jpg
我々が駐在していた時とは違い大改装し、写真の通り大変お洒落に大変身。
DSC07501.jpg

DSC07495.jpg
DSC07498.jpg
VIPルームもあります。
DSC07579.jpg
料理も高級和食の雰囲気たっぷり。
DSC07571.jpg
DSC07572.jpg
元大統領はじめ大物が常連客のようです。

続いては、一昨年出来たばかりの「Ministry of Crab」。その名の通り
スリランカの大型カニが中心のお店。
DSC07684.jpg
DSC07686.jpg
私が居た10年前は、大型の海老や蟹は全て海外へ輸出されてしまい
現地では手に入りませんでしたが、これをムニさんが国内向けルート
を開拓したのです。
DSC07694.jpg
DSC07697.jpg
DSC07698.jpg
スリランカで唯一ミシェランガイドに掲載されただけあって、
六本木にありそうな洒落たレストランです。
DSC07687.jpg
DSC07690.jpg
現在、コロンボでは超人気店、予約を取るのも大変とか。
DSC07693.jpg
今回の旅行では、全てにわたり大変お世話になったIさんご家族と。
現地駐在20年以上ですが、この日もカニやエビの特大をご馳走に
なってしまいました。

その他にも、人気商業施設・オデール内に「握り寿司コーナー」も経営。
DSC07549.jpg