FC2ブログ
 

「コジジのインド日記」改め「それから日記」改め       「コジジ教授の新それから日記」

12月29日(日) 自由学園・明日館。@池袋

私としたことが最近になってこの建築を知り、何をさておき見学に行って
参りました。何と言ってもフランクロイドライトの遺作であります。
帝国ホテルとほぼ同じ時期に設計されたためか、小規模ながらもその雰囲気
はとっても類似しています。大正10~14年(1921~1927)完成。
小規模で質素ですが、実に見事な建築ですので、是非とも訪れてみて下さい。
DSC07326.jpg
エントランスの門扉もライトのデザインでしょうか?
DSC07327.jpg
正面の建物外観です。小規模ながら堂々としています。
DSC07309.jpg
建物全体がわかる展示模型です。中庭を囲う形でコの字型に。
正面が吹き抜けのホールとその2階は食堂で、両翼の平屋が教室となっています。
DSC07280.jpg
ホールの横にある出入り口。天井の高さを意識して抑えています。
DSC07287.jpg
2階の食堂。照明から暖炉まで帝国ホテルの雰囲気満載です。
DSC07293.jpg
同じく反対方向から観たところです。
DSC07306.jpg
そしてシンボル的な存在感の、吹き抜け空間正面にある大窓です。
DSC07274.jpg
教室も簡素でローコストながらもしっかりデザインされています。
DSC07298.jpg
別の教室。頻繁にカルチャースクールなどに利用されているとか。
DSC07275.jpg
椅子も個性的なデザインですね。

尚、ライトは完成を待たずに帰国してしまったため、弟子の遠藤新が
引き継いで竣工させたとのこと。
向いにある講堂は、遠藤新の単独設計で昭和2年(1934)に完成しています。
DSC07316.jpg
2階席から内部を見たところ。教会を思わせる空間が広がっています。
DSC07319.jpg
が、雰囲気は同じですがちょっと迫力に欠けている、と建築の素人でも感じる
のではないでしょうか。空間とディテールのデザイン力が明らかに違います。

場所は池袋駅のメトロポリタン口から徒歩5分、住宅地の真ん中にあります。
見学は通常10時~16時ですが、結婚式やコンサート利用も頻繁にあるため、
事前の確認が必要です。見学料は400円、喫茶付きが600円です(お勧め)。

**********

ということで本年は、この素晴らしい建築の記事にてラストを〆たいと思います。
この1年ご愛読ありがとうございました。また来年も宜しくお願い致します。
そして、来年2014年が皆様にとって良いお年でありますように。  (コジジ) 

スポンサーサイト

12月25日(水) クリスマスツリー、いろいろ。

メリー・クリスマス!ということで、昨日までにちょっと目にしたあちこちの
ツリーをいくつかご披露しましょう。
DSC07168.jpg
DSC07089.jpg
DSC07222.jpg
DSC07220.jpg
六本木ヒルズ、恵比寿ガーデンプレース、ディズニーランドなどです。

12月24日(火) 「G・Sounds」コンサート。@渋谷ライブハウス

続けて昨日の関連コンサートであります。
G・Soundsでジーさんズと読みます。私の元の会社の後輩(K氏・ベース、
I氏・ドラムス)がおやじバンドをやっていて、K氏の親友の東儀秀樹氏が加わって、
三人が皆54歳ということでこんなタイトルにしたとのことです。古澤巌コンサートの
直後だったので、私、個人的には盛り上がってしましました。
DSC07239.jpg
それにしても元気いっぱい、特に東儀氏はノリノリ、ジュニアまで参加して
アンコールはなんと5曲も。楽しそうな写真をご覧ください。
DSC07257.jpg
尚、ボーカルは、やはり会社の後輩(ちょっと若い)と女性はプロ?シンガー。

12月23日(月) 「古澤巌とタイフーン」コンサート。

9月に東儀秀樹(ヒチリキ)+コバ(アコーディオン)+古澤巌(バイオリン)の
3人会コンサート(この3人は同い年で仲良し)に行った際、そのテクニックに
魅了されたのですが、先週19日にタイトルの東京公演@オーチャードホールが
あるのを知りチケットをゲット、友人達と行ってきました。
DSC07217.jpg
彼らのテクニックと雰囲気に魅了された2時間でした。特に古澤氏‘おはこ’の
ひばりとチャルダッシュの演奏には、満席の会場が割れんばかりの拍手でした。
パンフにある紹介文を以下ご参考まで。
*************
古澤巌率いる「タイフーン」は、ビオラのポール(スコットランド)、チェロの
フランシス(フランス)、ピアノのフィリップ(アメリカ)とともにクラシックの枠を
超えたテクニックで、90年代に圧倒的な人気を博したが、惜しまれながら99年に解散。
それが14年の時を経て、満を持して熟練された4人が集結します。
プログラムは、お得意のジプシーサウンドからシューマンのピアノカルテットまで
幅広く展開。世界を舞台に活躍し、ジャンルを軽快に乗り越え、実に楽しく居心地の
いい空間を「タイフーン」は演出します。クリスマスの暑い夜、極上の音色につつまれて
下さい。

12月21日(土) 恵比寿ラーメン。その5.

とりあえず今日がラーメン最終日。恵比寿に数ある中で、私の一押しは
恵比寿神社の手前にある「おおぜき」です。
DSC07091.jpg
「こってり・太麺」系が流行りの中で、「あっさり・細麺」を貫いています。
トッピングのチャーシューは違う2種類が乗っています。一枚一枚乗せる直前に
バーナーで炙っています。
スープもあっさりながら相当に手をかけていると納得する美味さです。
看板の能書きによると、
にぼしそば:3種の煮干しを水出し後、ゆっくり加熱したにぼし100%の旨味が。
中華そば:鶏・豚ガラと野菜を煮込んだスープをベースに昆布と魚の旨味を加える。
白湯そば:中華そばと同じスープをベースに白醤油のタレを旨味として加える。
とあります。どちらも750円。写真は「中華そば」です。
DSC07090.jpg
結果としてリピーターが多く、いつも行列が絶えません。

12月19日(木) 恵比寿ラーメン。その4.

東口にあるのが「みはる・瞠」です。恵比寿のグルメガイドには必ずと言って
よいほど載っている人気店で、お勧めは「油そば」とあります。
DSC07180.jpg
が、私自身はこの油そばなるものが苦手、どうもあの「こってり味・太麺」系が
駄目なのです。むしろ写真の濃厚魚介ラーメンはお勧めです。味玉入りで850円。
DSC07196.jpg
かなり手の込んだ実に味わい深いスープですが、つけ麺のスープを意識してなのか
濃厚で、鰹節の削り粉が口の中に後味として残ります。
麺のほうですが、こちらにはストレート細麺を使っているのが嬉しいです。

12月18日(水) 恵比寿ラーメン。その3.

次にご紹介するのは恵比寿銀座通りにある「旭川ラーメン・うえだ」です。
DSC07175.jpg
基本の醤油、塩は700円で濃い目のこってりスープです。特に醤油は真黒
スープでご飯がほしくなるかも。こちらもチャーシュー、メンマが美味しいです。
DSC07176.jpg
ランチサービスは、850円でライスと餃子3個が付きお得でので、サラリーマン
が列をなしています。

12月16日(月) 就活イベント。@東京ビッグサイト

ラーメンシリーズの途中ですが、昨日、学生達を大型バス3台(といっても
わが経済学部だけです。他の学部も別途来ていました)でビッグサイトまで
引率してきました。飛び入り記事をどうぞ。
DSC07200.jpg
写真をご覧ください。次から次へとスーツ姿の学生達が押し寄せてきました。
約5万人程度はこの日だけで来たのではないでしょうか。
会場は11時~17時、約300社がブースを設え、会社毎に説明会を開催しました。
DSC07202.jpg
学生は大体3社~5社の説明会に参加したようです。人気企業のブースでは整理券を
もらって行列していました。それにしても恐ろしい人数、そして同じような服装な
ものですから、よけいに圧倒されてしましました。
学生諸君も、企業勉強というよりも、先ずは、就活の大変さの認識と、精神力の鍛錬
にはなったのでしょうか。

ちょうどお向かいの会場では、ドッグショウが開催されていました。
全くの好対照でしたが、ワンちゃん達(というより飼い主か)も真剣勝負を
していました。
DSC07204.jpg

12月15日(日) 恵比寿ラーメン。その2.

変わり種はサンマルクとケンタッキーのところを入った直ぐにある
「西麻布・しゅういち」の「カレーラーメン」。
DSC07149.jpg
基本の3種、カレーラーメン・カレー油麺・カレーつけ麺のすべてが750円です。
DSC07150.jpg
カレーうどんを連想して行ったのですが、スープはそれほどドロドロではなく、
トッピングを別出し&ライスがサービスされると、思わずご飯が進んじゃう的に
楽しいランチが過ごせました。
DSC07146.jpg

12月13日(金) 恵比寿ラーメン。その1.

以前に、恵比寿はラーメン激戦区だとして、「札幌ラーメン・山田」と
チーズラーメンの「九十九ラーメン」の2店をご紹介しましたが、
さらに今回は一気に5店をご紹介しましょう。

先ずは駅ビル2階のテラス側にある「KAMUKURA神蔵」。
ガラス張りでカフェと間違いそうなお洒落な店構えであります。
DSC07161.jpg
ラーメンはクリアなスープと白菜のトッピングが特徴です。
写真は「小チャーシュー煮卵麺」900円。
DSC07164.jpg
刻み葱山盛りの煮卵ネギラーメン850円。
DSC07165.jpg
恵比寿のラーメン店はなぜかチャーシューにこだわっていて、どこの店も
柔らか手作り感があります。ニラ乗せ放題が嬉しいです。

12月9日(月) 世界遺産写真展 @渋谷ヒカリエ。

無料なのもあってふらっと足を向けてみました。
新進気鋭の写真家・貫井勇志氏の世界遺産シリーズ写真展です。
DSC07173.jpg
が、これが思わぬ掘り出し物でした。写真なのですがまるで絵画展です。
イグアス、マチュピチュ、パリ、イスタンブール、などなど。
特にマルタ・ヴァレッタ市街とセゴビア城の写真は秀逸でありました。
DSC07171.jpg
本日まで、渋谷ヒカリエ8Fです。是非ご覧ください。

12月6日(金) 特大天丼@高幡不動。

参道にある天丼や「四八」ですが、
DSC07099.jpg
たまたま大サービスを実施中でありました。
張り紙をご覧ください。
DSC07095.jpg
そしてこれが実物であります。これで600円は本当に驚きです。
DSC07098.jpg
まさにB級グルメの「極み」かもしれませんね。

12月5日(木) 紅葉@高幡不動。

駅のポスターに誘われて先週行ってきました。
DSC07144.jpg
それにしても今が真っ盛り、感動的に綺麗でありました。
解説抜きでご覧ください。
DSC07102.jpg
DSC07111.jpg
DSC07113.jpg
DSC07126.jpg
ラストもう一枚もどうぞ。
DSC07123.jpg

12月2日(月) おまけ。

帰路、諏訪湖畔で評判の鰻屋さん「小林」で食事をとりました。
DSC07071.jpg
鰻が小振りではありましたが、ふっくらと美味でした。(これで2800円)
DSC07070.jpg
中央高速では、富士山が久しぶりにクッキリと。
DSC07087.jpg