FC2ブログ
 

「コジジのインド日記」改め「それから日記」改め       「コジジ教授の新それから日記」

10月27日(日) 上田市散策。おまけ。

市内では「柳町通り」をぶらり。
DSC06788.jpg
金沢や彦根同様に、観光商店街として町屋を改修保存した街並みをつくっています。
が、連休の日曜日というのにまったく人気が無いのには驚きました。
DSC06783.jpg
駅近くに昨年オープンした巨大商業モール「アリオ上田」は大賑わい、
それに引き換えこちらは閑古鳥。もっと街おこしのためのPRをすべきですね。
上田市の今後の課題が浮き彫りになったようでした。
DSC06787.jpg DSC06789.jpg DSC06782.jpg

これで上田シリーズは終了です。「信州の鎌倉」をお楽しみ頂けましたでしょうか。

スポンサーサイト

10月24日(木) 上田市散策。その5.

最後に訪れたのが「大法寺」です。
DSC06774.jpg
こちらの見所は、「国宝・三重塔」、別名“見返りの塔”と呼ばれるほど
美しい姿です。鎌倉時代末期の建立で、大阪天王寺を建立した宮大工たちの
手によるものと伝えられています。そのためか本流で京都奈良に匹敵する
このような名作となったようです。特に一層の屋根のソリは大変見事です。
DSC06778.jpg
それにしても普通の田舎道に、ぽつんと佇んでいる塔なので、とても国宝とは
知らずに通り過ぎてしまいそうな建築でありました。

10月22日(火) 上田散策。その4.

別所温泉。階段の参道があり、ちょっと伊香保温泉に趣が似ています。
DSC06756.jpg
その中央にあるのが「北向き観音」。
DSC06760.jpg
北向きの名の由来は、長野市の善光寺の南向きと向かい合うことからで、
その功徳は一体とされ、両方を参拝しないと「片詣り」といわれるとか。
本堂の左側にある「温泉薬師瑠璃殿」は建築的には興味深いものでした。
DSC06765.jpg

温泉では、外湯として「石湯」と「大師湯」が有名です。たったの150円。
石湯は、真田幸村の隠し湯と言われています。
DSC06769.jpg
大師湯は、円仁慈覚大師が好んで入浴したと言われています。
DSC06767.jpg
近くの蕎麦屋に飛び込みで入ったのですが、真田幸村の紋章にちなんだ
「六色蕎麦」があり面白そうなので食してみました。
山菜、とろろ、オロシ、なめ茸はOKでしたが、キムチ、擦りリンゴはいけませんでした。
DSC06772.jpg

10月20日(日) 上田市散策。その3.

別所温泉のすぐ近くにあるのが「安楽寺」と「常楽寺」です。
安楽寺の見所はなんといっても「八角三重塔」(国宝)です。
DSC06750.jpg
DSC06752.jpg
DSC06755.jpg
鎌倉時代の禅宗様で八角の塔は大変珍しく、かつ美しく、長野県で
第一に国宝指定をうけただけのことはあります。
尚、四重塔に見えますが、一番下は裳階(もこし)といって庇的なものです。

隣接する常楽寺の見所は「石造多宝塔」。
DSC06744.jpg
700年の年月を思わせる苔むす静かな名所であります。
DSC06747.jpg

10月19日(土) 上田散策。その2.

前山寺を下ったところにあるのが「無言館」と「傷ついた画布のドーム」です。
どちらもどことなく教会を思わせる建物です。
DSC06733.jpg
戦没した画学生たちの作品が展示されています。ほとんどの方が20代で命を
落とされたのですが、作品はどれも見応えがあり、もしも生存されていれば
さぞや著名な画家に為られたのでは、と偲ばれました。(内部は撮影禁止)
DSC06735.jpg

そして少し車で走ると「中禅寺」へ。こちらでの見所は、中部日本では最古の
木造建築(鎌倉時代初期に建立)と言われる「中禅寺薬師堂」(国の重文指定)。
DSC06739.jpg
カヤ葺の宝形造りのお堂は、簡素ながらも荘厳なたたずまいでとても心を打たれます。

10月18日(金) 上田市散策。その1.

上田市在住の親戚を頼って、上田市の名所を初めて訪ねてみました。
先ずは前山寺
DSC06723.jpg
見所は「三重塔」(国の重要文化財指定)です。窓や欄干などの装飾的な
拵えが一切無いため、別名を“未完成の完成塔”と呼ばれています。
DSC06731.jpg
そして本堂に上がり、庭から上田市街を眺めながら名物の「くるみおはぎ」
を味わいました。おはぎもさることながら、添え物の梅の実を紫蘇でくるんだ
お菓子が大変美味でありました。
DSC06726.jpg

10月15日(火) 京王レールランド。

ずっと工事中だった多摩動物公園駅まえの「京王レールランド」が、漸く
10月10日にリニューアルオープン致しました。
DSC06694.jpg
当日は写真のとおり大変な人だかり。電車マニアが早朝から繰り出していたようです。
(私はこの日、授業があったため8時半ごろ通りかかったのですが、9時半の開園式
まえには入場制限、整理券が出されたとか)
DSC06697.jpg
以前の施設は、はっきりいうと、動物園帰りの電車の待ち時間つぶし的な、つまり
多摩動物園のおまけ的な存在でした。が、今度の施設は大変に気合が入っています。
DSC06700.jpg
1940年代から歴代の車両5台を実物展示、内部も見学できます。
シュミレーションの運転体験コーナーもあります。入場料は250円。
DSC06701.jpg
(この写真は裏側からの車両たちです)

10月11日(金) 穴子丼 @富津岬。

地元のなんてことない食堂でしたが、「穴子丼」のノボリに誘われて
立ち寄ってみました。これが掘り出し物で、なかなか美味でありました。
DSC06680.jpg
定食(アサリフライ+煮魚)もびっくりボリューム。
DSC06682.jpg
これでどちらも1300円。房総半島の西の突端まで来た甲斐がありました。

10月9日(水) 富津岬。

何と言ってもこの展望台です。これを見たいがために行ってきました。
DSC06679.jpg
当日は天気が荒れていて視界が悪く残念でしたが、晴れていれば対岸の
三浦半島や富士山までも眺めることが出来るそうです。
DSC06674.jpg
正式名称は「明治百年記念展望台」。五葉松をかたどって昭和46年に建造
されました。最上部の高さは21.8mですから5階建てくらいでしょうか。
DSC06678.jpg
こんな天気でもサーファーたちが何人も繰り出しているのには驚かされました。
というか彼らはこの強風・荒波がむしろ嬉しいのかもしれませんね。
DSC06676.jpg

10月3日(木) サンリオピューロランド。

ちょっとしたご縁もあり、多摩センターにあるサンリオピューロランドを
訪問致しました。私の勤務する大学が来年50周年を迎えるにあたり、
「何かコラボが出来ないものか」とダメを承知の覚悟で伺ったのであります。
DSC06603.jpg
ところが先方も来年25周年とかで、何かできないものかと同じく模索している
とのことで、意気投合する絶好の機会を得ることが出来ました。
まだ何も手付かずの状態ではありますが、今後が楽しみなプロジェクトに
なりそうです。

お茶を出して頂きましたが、これがキティちゃんのペットボトル!!
DSC06604.jpg