FC2ブログ
 

「コジジのインド日記」改め「それから日記」改め       「コジジ教授の新それから日記」

10月30日(火) 小淵沢、中村キース・へリング美術館。

もう一つ訪れたいのがこちらの美術館です。中村和男氏の個人美術館で、
80年代に爆発的な人気を博したポップアティスト、キース・へリングの
個人コレクションを展示しています。
DSC03950.jpg
私的には展示作品よりとにかく建物です。大変目を引きますしポップアート
そのものです。
DSC03941.jpg
設計は北川原温(きたかわはら・あつし)氏。東京芸大教授。
DSC03927.jpg
検索結果、中村氏は医薬ベンチャー企業の草分け的な存在で、新薬開発の
臨床試験で世界に後れを取っていた日本で、自らシミックという会社を起業し
大成功を収めた人物。そんな関係かエイズに侵され32歳で早逝したキースへの
思いが強かったのでしょうか。北川原氏は長野県出身の建築家+アーティストで、
シミック社の設計も手掛けています。
DSC03923.jpg DSC03939.jpg DSC03948.jpg

スポンサーサイト

10月28日(日) 原村・八ヶ岳美術館。

いつも通っている蓼科へ行く途中にあるのですが、今回初めて訪問しました。
1980年に開館された全国でも珍しい村立美術館です。
DSC03912.jpg
なんと早稲田建築の草分け、村野藤吾先生の晩年の作品なのです。
素晴らしいのは外見以上に内装です。館内の天井はすべてがレースのカーテン。
ほぼ30年たった今でも幻想的で優雅であります。
DSC03917.jpg
山の中にひっそりと大変目立たないところではありますが、こちら方面に
お出かけの際はお立ち寄りをお勧めします。
DSC03913.jpg

10月26日(金) 小淵沢・身曾岐神社。

雰囲気と建築的に大変美しい神社です。ちょっと平等院鳳凰堂に似ています。
DSC03976.jpg
DSC03958.jpg
DSC03962.jpg
古神道の神社だそうで、歌手「ゆず」のかたわれが昨年こちらで結婚式を
挙げたことから若者たちからも注目されているとか。
検索して知ったのですが、彼の母親は宗教家でその関係もあるとかないとか。
そんなことに私はあまり興味がありませんが、建築は一見の価値ありです。

場所ですが、小淵沢ICから車で15分程度です。ホテルリゾナーレのすぐ近くです。

10月22日(月) パンパスグラス。

先日ゴルフ場での写真です。あまりに見事だったのでついパチリ。
DSC03819.jpg
帰宅後調べてみたら、パンパスグラスという原産地が南米の植物でした。
日本語名はシロガネヨシ。ススキの大型西洋版みたいですね。
ちなみに、パンパスとは紙おむつではなく草原のことだそうです。念のため。

10月21日(日) 三島散策。…その3.柿田川湧水群。

三島見所の最後は「柿田川湧水群」。
三島駅から車で10分程度、国道1号線沿いに有ります。
DSC03872.jpg
富士山の伏流水が一日100万トンもコンコンと湧き出ています。
DSC03868.jpg
日本名水100選にも選ばれています。木道伝いに散策できます。
(自然の樹木を優先させているのは好感が持てます)
DSC03871.jpg
売店には「大湧水」など地元ならではのお酒を販売していました。
DSC03877.jpg

10月16日(火) 三島散策。…その2.三島大社。

次にご紹介するのは「三島大社」です。
DSC03854.jpg
創建は不明ですが極めて古く、奈良時代には既に文献に出てくるそうです。
ご神体は三嶋神(関東随一の神)で地名の由来でもあります。
江戸末期の地震で被災、その後明治元年に再建されました。

境内にある金木犀は国の天然記念物に指定されています。
樹齢1200年以上もあり、開花時には8Km先までも香りが届くとか。
DSC03848.jpg

地元で評判の鰻屋「本町うなよし」。さすがに名水で育った鰻は美味でした。
DSC03858.jpg
(写真はうな丼2800円。焼き具合が絶妙)

10月15日(月) 三島散策。…その1.桃沢川周辺。

二年ぶりに中学時代の友人宅(静岡県長泉町)を訪問し一泊しました。
ついでに周辺の見所を案内してもらいました。
先ずはご近所の「水と緑の杜公園」。上流には砂防ダムがあるのですが、
そこの小さなダム湖は絶景の写真スポットでありました。写真をご覧あれ。
DSC03842.jpg
とても幻想的な湖面です。
DSC03830.jpg
さらに上流には、水神社と呼ばれる(正式には愛鷹水神社)名水スポットが。
ここが桃沢川の源流で、湧水が小さな滝をつくっています。
まさに心霊スポットの様なエリアです。
DSC03839.jpg
神社の由来は明治時代からとありましたが、神社というよりも修行道場の
様な建物でありました。
DSC03836.jpg

10月12日(金) 東京スカイツリー&ソラマチ。

そろそろ混雑も落ち着いただろうと思いたち行ってみました。
DSC03581.jpg
たしかにソラマチは大変賑わっていましたが、ツリー展望台はなんとたったの
15分待ちで登ることが出来ました。平日の夕方は穴場ですぞ。
(前日予約は行列なしで楽ですが、天候の当たり外れが大きいのが欠点)
DSC03574.jpg DSC03598.jpg DSC03623.jpg
そしてもう一つの穴場は、ソラマチの30、31階のレストランです。
DSC03648.jpg
むしろこちらの方がスカイツリーの夜景が見事に見られます。値段も手ごろです。
ツリー展望台のレストランは値段も高いし予約が難しいので、こちらがお勧めです。
DSC03647.jpg

10月5日(金) 秋川渓谷。…おまけ・お酒。

水が良いので老舗の酒元があります。
中村酒造は、江戸時代からの老舗で「千代鶴」がブランド。
もうひとつが野崎酒造。やはり明治からの老舗で「喜正」がブランドです。
DSC03738.jpg
私の好みは、大吟醸より本醸造純米酒が好きなのですが、この2種はどちらも
大変口に合い、幸せな気持ちにさせてくれました。
DSC03799.jpg
野崎酒造の写真です。工場見学はできませんが直売店があります。
DSC03731.jpg

10月2日(火) 秋川渓谷。その3.レストラン。

いくつもある飲食店から、一つだけ「黒茶屋」をご紹介しましょう。
DSC03719.jpg
250年前の庄屋敷を渓谷沿いに移築しオープンした、閑静なレストランです。
DSC03720.jpg
入口の横には水車も。
DSC03728.jpg
茶店やテラスカフェもあります。
DSC03715.jpg DSC03722.jpg DSC03721.jpg
炭火焼と山里料理のコースメニューです(4000円~8000円程度)。
ランチは3600円のセットもあります。