FC2ブログ
 

「コジジのインド日記」改め「それから日記」改め       「コジジ教授の新それから日記」

10月26日(水) GAKUDAIカーニバル。

先日の日曜日、学芸大学駅前で地元商店会主催のイベントがありました。
DSC00246.jpg
駅前に仮設ステージを設けて、20組ほどの地元チームが演技を披露、
その後、商店街を練り歩くイベントでしたが、結構楽しめました。
DSC00275.jpg DSC00264.jpg DSC00259.jpg
DSC00248.jpg DSC00279.jpg DSC00281.jpg
キッズダンス、ヨサコイダンス、太鼓演奏、ベリーダンスなど多種多彩な
演目でした。以前に比べて、一般の方々の余暇の過ごし方が、このように
だんだんと進化しているのでは、と痛感いたしました。

スポンサーサイト

10月24日(月) 猿橋。

日本三奇橋のひとつである「猿橋」へ行ってきました。
ちなみにあとの二つは「岩国の錦帯橋」と「木曽の桟(かけはし)」です。
DSC00172.jpg
写真でお判りのとおり、両側から4層の桔木(はねき)によって支えられて
います。長さ31m、幅3.3m、高さ31m、正式な構造名は「肘木桁橋式」、
歴史的には室町・鎌倉時代からとの説もありますが、記録としては200年前
の江戸時代のものから残っていて、何度も架け替えられているそうです。
DSC00195.jpg
有名なところでは、広重の「甲陽猿橋の図」に描かれています。
DSC00204.jpg
現在するこの橋ですが、実は1984年(昭和59年)に架け替えられ、
肘木の部分の中心はH鋼で、桧材で囲って無垢の材木に見立てています。
DSC00179.jpg
行き方ですが、中央高速の大月インターを出て、東京方面へ戻り約15分
程度です。意外だったのは、あまり人出が無いことでした。
これからが紅葉の本番、観光地としては穴場かもしれませんよ。
DSC00184.jpg
(橋の上から上流を眺めたところ、水道橋と新猿橋が見えます)

10月19日(水) シェラトン都ホテルのカフェラテ。

先日、白金にあるこのホテルラウンジで友人とお茶をしました。
その際にカフェラテを注文すると、写真のような抹茶茶碗で
サーブされ一瞬ぎょっと致しました。最近の流行なのでしょうか。
お味は良いのですがはっきり言って飲みづらかったです。
DSC00155.jpg

10月13日(木) カトレアの元祖カレーパン。

友人から頂戴したのですが、実に美味しくて得した気分になりました。
カレーパン発祥のお店として大変な評判で、いつも大行列だそうです。
DSC00133.jpg
(いわゆるカレーパンと、丸い形の辛口、の2種類があります。
 具がビッシリと詰まっています)

では、ご存じない方のために解説を。
場所は江東区森下、明治10年創業の「名花堂」を前身として、昭和2年に
「洋食パン」として実用新案登録したものが、カレーパンのルーツだそうです。
毎日7時、9時、11時、3時に焼きたてが販売されています。
平日700個、土曜1000個も販売されますが、直ぐに売り切れてしまうとか。

尚、「あんぱん」の元祖は銀座キムラヤ、「クリームパン」の元祖は新宿中村屋
だそうです。また、新宿中村屋がカレーパンの元祖と思っている方もいると
思いますが、中村屋カリーパンは昭和15年が初売りとのことで、このカトレア
に遅れること13年だそうです。

10月5日(水) 「メタボリズムの未来都市展」。

六本木の森美術館で行われている展覧会を見てきました。
DSC00105.jpg
我々には懐かしい、丹下健三、黒川紀章、菊竹清訓、槇文彦、浅田孝、
大高正人、栄久庵憲司、磯崎新、といった錚々たる大御所建築家達の
都市計画の作品展です。
戦後ならびに伊勢湾台風後などの復興都市計画が展示されています。
今見てもワクワクするような迫力ある「メダボリズム=新陳代謝=環境に
対応して増殖する生物のような都市」を見ることが出来ます。
DSC00109.jpg DSC00110.jpg DSC00108.jpg
ただ、今回の大震災を経験し、このような大構造人工地盤+集積住居は、
直感的に辟易としてしまいました。
当時の未来都市像(鉄腕アトムの世界)は現実には馴染まず、
「自然に順応した田園都市計画が今求められる都市計画では。。。」
と再考する機会を与えてくれたような気がしました。
(六本木ヒルズ・森美術館にて、2012年1月15日まで)