FC2ブログ
 

「コジジのインド日記」改め「それから日記」改め       「コジジ教授の新それから日記」

9月29日(木) 大学のオープンキャンパス。

皆さん、オープンキャンパスってご存知ですか?
大学が一般の方達にどんな大学か知ってもらう目的で一日開放し、
様々なイベントをしています。特に受験生やその父兄に対して
PRするのが狙いであります。
先週末に、日野市にある明星大学へ行ってきました。
DSC00070.jpg
感心したのは、運営委員の学生達がそろいのTシャツで非常にキビキビと
係りを勤めていること、各イベントがきちんと企画されていて判り易いこと、
キャンパスが近代的で立派であること、そして一番嬉しかったのが、
食堂も開放されて無料ランチが食べられること、でした。
(たしかに多摩動物園の隣の駅で、大学しかないところ。学生食堂以外に
食事するところが無いのですが)
DSC00073.jpg
最も感心したのは、案内の学生さんが「今日は隣の帝京大学でもオープン
キャンパスを行っています。是非そちらにも行って見比べてください!」
と胸を張って説明していたことでした。自分の学校に誇りを持つことは
とっても良いことですね。
CIMG91681.jpg CIMG91981.jpg DSC00092.jpg
①多摩モノレール駅に直結(屋根付デッキとエスカレーターが)。
②内部の吹き抜けロビー(映画の撮影に良く使われるとか)。
③近代的な図書館(受付に何故かキリンが)。
DSC00089.jpg DSC00093.jpg DSC00074.jpg
④シネコンのような視聴覚教室。
⑤人気教授によるガイダンス中の大教室。
⑥学生達によるトークショウ。

スポンサーサイト

9月26日(月) 目黒の「さんま祭り」。

先週末の18日、区民センターにて恒例の「さんま祭り」が行われました。
DSC00034.jpg
9時半頃に出かけたのですが大変な人出で、10時スタートにもかかわらず
既に長蛇の列でした。最後尾にて係員に聞いたところ約3時間待ちとか。
DSC00041.jpg
こちらはあきらめて物産展を覗いて見ると、やはり目黒区と友好都市である
気仙沼市が頑張っていました。
DSC00036.jpg DSC00043.jpg DSC00040.jpg
それにしても老夫婦&小さな子連れ家族の多いこと。
週末の時間を、安上がりに近場で過ごそうとする世相の現われでしょうか。

9月22日(木) 台風一過。

昨日の台風15号は首都圏を直撃、3.11を思い起こさせるような
交通混乱でした。何で皆さん必死に自宅へ向かうのでしょうか。
それこそ嵐の過ぎ去るのを受け流し、こんな時はジッとしているのが一番です。
それにしても今日の青空の爽快なこと、昨日の騒ぎがうそのような天気です。
DSC00056.jpg
(高田馬場から新宿方面を望む)

9月20日(火) 富士山五合目・奥庭自然公園。

富士山関連です。五合目駐車場手前にあります。
CIMG21315.jpg
富士登山前の足慣らしと、ちょっとした散策にはもってこいの場所です。
CIMG21320.jpgCIMG21321.jpg
①天狗が一休みしたところとか。
②気分のよい散策道。
③バードウォッチングの穴場?大勢のカメラマン達が。
CIMG21319.jpg CIMG21325.jpg CIMG21326.jpg

9月15日(木) 富士登山。

先週末、3年前に七合目でギブアップした、富士登山に再挑戦しました。
今回は八合目の山小屋「元祖室」も予約し、完璧に準備して臨みました。

金曜日の昼に五合目の駐車場に到着しましたが、平日でも満車状態で
暫く待たされました。来週が一般客の最後の時期らしく、富士登山
ブームの凄さが伺えました。

午後1時に登山開始、6時きっかりに八合目の「元祖室」に無事到着。
CIMG21332.jpg
(六合目半から七合目の山小屋群を見上げた写真)
CIMG21333.jpg
(八合目付近の急斜面)
CIMG21346.jpg
(本八合目の山小屋、元祖室前です)
ここで3200m、ちょっとばかり酸素不足でフラフラしてきました。
仮眠してから翌日の深夜2時半に、山頂目指して出発! 気温は5℃、
空を見上げると雲ひとつ無く満天の星でした。
CIMG21350.jpg
山頂までは約2時間と聞いていましたが、登山ツアー客の団体さん達が
列を成していて、おかげでゆっくりと登ることが出来ました。
山頂に着いたのが5時。日の出の5:15にきっかり間に合いました。
CIMG21360.jpg
山頂の気温は1℃。
寒さと強風に「お鉢巡り」はあきらめて、6時半に下山開始。
帰路は「須走りコース」を取りましたが、急坂は無いもののコークスの
ような溶岩砂利道の連続で、足をとられて歩きづらく大変きつかったです。
結局、五合目の駐車場まで5時間半もかかってしまいました。
CIMG21362.jpg
CIMG21368.jpg
P9090138.jpg
とにもかくにも山頂制覇、ご来光も拝めました。万歳!

9月11日(日) 「3.11」&「9.11」。

東日本大震災からちょうど半年、米国多発テロ事件から10年が経ちました。
運命論者ではありませんが、天災も人災も、あたかも人類を試すがごとく
降りかかってきます。
これに対して、ガチガチに対峙したり、逆に逃げ回っていても駄目。
「柳の枝のように受け流す」手立てが最も賢い対応策のような気がします。
そして、それには歴史をシッカリ検証することが一番の手がかりに
なるのではないでしょうか。
地名や聖地の由来、風水が示すもの、などが良い例ではと考えます。
宗教や哲学も地政学的に理解すれば多少は答えが出るかもしれません。

9月8日(木) とうもろこし、進化。

先般、芋エネルギーの際、近畿大学・鈴木先生の逆転の発想をご紹介
しましたが、やはり従来型日本の農業技術開発は凄いものです。
蓼科の農協直販センターで撮った写真です。
CIMG01301.jpg
CIMG01302.jpg
新種のとうもろこしブランドが続々登場、生でも食べられると一世を風靡した
「味来」種はもう古株なのでしょうか。
ちなみにネット販売を検索してみたら、月毎に南から北へ同品種の生産地が移動し、
かなりの期間賞味できることが判りました。
というわけで、一次産業も進化しています。

9月6日(火) NHK「おひさま」関連。

次は「おひさま」関連の写真です。

先ず、八幡宮の二百地蔵。仲良3人組が待ち合わせをした場所です。
CIMG01284.jpg
CIMG01280.jpg

飴屋「村上堂」の撮影に使われた中村邸。(現在は資料館)
CIMG01254.jpg

陽子の家の前辺り。奈良井宿では「鍵の手」と呼ばれる中央の曲がり角。
CIMG01248.jpg

「おひさま」ブランドのワイン「安曇野物語」。
CIMG01303.jpg

めおと道祖神。この地方独特の道祖神で、信州各地に見られます。
CIMG01251.jpg

NHKロケ隊は、この奈良井宿を利用して、当時の看板等を取り付けたりする
ことで昭和初期の安曇野商店街を復活させたそうです。
地元の方々も協力、エキストラとして100名以上が参加されたとか。

9月5日(月) 奈良井宿。

朝のNHK連続ドラマ「おひさま」のロケ地にも使われた奈良井宿へ
行ってきました。
CIMG1274.jpg
CIMG1256.jpg
中山道沿いに約1Kmに渡って古い街並みがしっかり保存されています。
「日本一の宿場町」と豪語するだけのことはありました。
CIMG1285.jpg CIMG1224.jpg CIMG1239.jpg
①奈良井駅。②奈良井宿の入り口。③一番大きな蕎麦屋さん(元本陣)

9月2日(金) 見渡すかぎりの蕎麦畑。

先週は夏休みで蓼科へ。途中で見かけた景色です。
CIMG1304.jpg
それにしても信州には蕎麦屋は沢山ありますが、本当に美味い店は
少ないですね。蓼科では「みつ蔵」がピカイチです。
ただし30分待ちは覚悟しなければなりませんが。。。

9月1日(木) 芋エネルギー発電。

近畿大学の生物理工学部・鈴木高広教授と面談してきました。
鈴木先生はバイオ型起業研究の第一人者で、とりわけ芋による発電事業を
提唱している方です。
まだ構想段階のようですが、実証実験をどんどん推進して頂きたいものです。
従来の農学者の味覚や大きさなど品質向上を目的とする農業開発とは異なり、
小粒で大量の生産を目的とするといった、真逆の発想が際立っています。
現在各地で休耕地にソーラー発電が計画されていますが、その発電パネルの
地面に芋を栽培することで、一石二鳥の効果が期待できないものか、など、
鈴木先生と共同で具体的な事業化の推進できればと期待が膨らみます。
CIMG01172.jpg
CIMG01177.jpg