FC2ブログ
 

「コジジのインド日記」改め「それから日記」改め       「コジジ教授の新それから日記」

4月30日(金) 小樽「青塚食堂」。

にしん御殿から直ぐ近くにある食堂ですが、焼き魚など豊富な定食メニューは
どれにするか迷いに迷う品揃えと美味しさでありました。
この写真は「花魚定食」鰆の蒲焼丼に塩辛とホタテの味噌汁が付いて850円と
超お得なメニューでした。写真の「八角の塩焼き定食」も珍しかったです。
CIMG9077.jpg
CIMG9075.jpg CIMG9073.jpg CIMG9078.jpg

スポンサーサイト

4月27日(火) 小樽「にしん御殿」。

正式名称は「青山別邸」。現在は個人の所有ですが一般公開されています。
内観見学料は1000円と高めですが、よくぞ個人宅にここまで贅を尽くしたもの
と驚愕に値します。
残念だったのは、民営のためか監視員が少ないため、盗品や傷付けなどの
悪戯が多かったことです。
CIMG9043.jpg
① 天井の錦絵が見事。 
② 豪華な襖絵や食膳。長押もタモ材の一枚板。
③ 大変面白かったのが奥様専用の小便器。足置きが逆向きです。
立ったまま後ろ向きで着物をはしょってなさったとか。
CIMG9055.jpg CIMG9065.jpg CIMG9070.jpg
(写真をクリックすると拡大できます)

4月26日(月) 小樽「なると食堂」。

先々週は九州でしたが、先週は北海道、小樽へ出張いたしました。
小樽駅直ぐの「なると食堂」は地元の方達にも評判でして、鳥定食は絶品。
半身のローストチキンと寿司(信じられないコンビネーション)のセットで
1500円です。食べきれるか心配でしたが皆さん完食していました。
CIMG8998.jpg
駅前の三角市場は蟹をはじめとする魚介類が満載の市場。その場でも
丼物などを食べられますが、観光客が多いせいかちょっとお値段は高め。
CIMG8996.jpg CIMG8992.jpg CIMG8994.jpg

4月21日(水) 「博多もつ鍋」は大変美味。

仕事をしないで遊んでばかりのようで恐縮ですが、夜は「もつ鍋」へ。
予約が大変でなかなか食する機会が無かったのですが、今回はありつけました。
これが想像以上に美味。一時東京でブームになったものとは全く比較にならない
美味しさとセットがまた大変素晴しい。というのも、スープもしょうゆベースと
みそベースの2種、もつは調理済みを継ぎ足すのでとろとろに煮込んであり、
もつ鍋を食べ終わると次にチャンポン麺を入れて食べ、また最後の仕上げはこれに
ご飯を入れてのオジヤと超盛り沢山。
これに芋焼酎をしこたま飲んで、お一人様3500円とは恐れ入りました。CIMG8959.jpg
味と店の雰囲気が評判の店なので、完全予約かつ2時間制限とか。
CIMG8960.jpg CIMG8962.jpg

4月20日(火) 焼きうどん&チャンポン麺。

ついでながら「焼きうどん」は小倉が発祥の地だそうで、焼きうどん店マップ
もありました。ちょうど昼時だったので近場の店へ行ってみることにしました。
店名は「錦龍」、これが期待以上の店で特にここのチャンポン麺には驚かされました。
焼きうどんが400円、チャンポンがこのデカサで500円です。
場所は、お城から真向かいの商業施設・リバーウォークを通り抜け大通りを
渡った次の路地あたり、徒歩2分です。
CIMG8951.jpg
大きさがわからないので普通のラーメン鉢と並べてみました。
CIMG8946.jpg CIMG8954.jpg CIMG8955.jpg

4月19日(月) 小倉城。

先週九州出張し、時間があったので小倉城に行ってきました。
慶長7年(1602年)細川忠興公が築城した名城です。
天守閣が五層六階、五層目が下の四層目より大きく黒塗り、当時は
「唐造り」と呼ばれ全国唯一の珍しいお城だったとか。
内部は資料館になっていて、細川家やその後の小笠原家の展示物が
陳列されています。また、武蔵と小次郎の巌流島の展示コーナーがあるのも
面白いところです。入館料は350円。
CIMG8925.jpg
CIMG8933.jpg CIMG8937.jpg CIMG8942.jpg

4月9日(金) 墨田川界隈 第2弾。

先回同様、せっかく訪れたので界隈を散策いたしました。
花見客も重なって大変な賑わいでどこも黒山の人また人でした。
近くに住む友人が「麦とろ飯」の評判店へ誘ってくれたのですが
11時半で何と2時間待ちの行列、これをあきらめて、やはり有名店の
お好み焼き「染太郎」へ。30分待ちでしたが何とか入店できました。
CIMG8862.jpg
写真のような古い家屋で店内も情緒一杯。一番人気の染太郎焼きと
シュウマイ焼きをトライしましたが確かに美味でした。
店を出るとご覧のとおりの大行列にビックリしました。
CIMG8869.jpg CIMG8870.jpg CIMG8871.jpg
尚、このあたり、今はいわゆるラブホテル街。しかしながらかつては
旅館街だったのがこの写真でわかります。こちらは染太郎の直ぐ隣にある
外人旅行客の多くが利用する隠れた名物旅館(TAITO RYOKAN)です。
CIMG8868.jpg

4月7日(水) スカイツリー 第2弾。

昨年の11月23日に記事にしたスカイツリーが東京タワーを抜きました。
先週末に同じ場所から写真を撮ってきましたのでご披露します。
CIMG8847.jpg
現在338mの表示が付いていました。(11月時点では215m)
完成時は634mですからまだこの約2倍の高さまで伸びるわけです。
CIMG8853.jpg CIMG8884.jpg CIMG8881.jpg
CIMG0182.jpg CIMG0219.jpg CIMG0221.jpg
左から、京成線沿い、隅田川沿い、言問橋から。(上段が現在、下段が昨年11月)

4月6日(火) 目黒川のさくら その2.

4日の日曜日に同じ場所へ行ってみましたが、満開になりました。
CIMG8821.jpg
先週と同じところから。
CIMG8894.jpg CIMG8896.jpg CIMG8898.jpg
人出もピークに。 「桜まつり」、和太鼓演奏や屋台も満開。