FC2ブログ
 

「コジジのインド日記」改め「それから日記」改め       「コジジ教授の新それから日記」

9月29日(火) 早稲田が中高大一貫教育へ。

早稲田OBの皆さん、ご存知でしたか? 
付属校である高等学院に来年から中学部が新設されるそうです。
同じく本庄高等学院も2007年から男女共学になっていました。
そして全く知らなかったのですが、2008年から大阪の茨木市に
早稲田摂陵中学・高校が係属校としてスタートしており、さらには
来年から、九州にも早稲田佐賀中学・高校が新設されるそうです。
したがって係属校としては、早実・早稲田・摂陵・佐賀のラインアップが
出来上がり、早大への推薦進学率も30~50%(早実は90%以上)との
ことであります。
この勢いからすると付属小学校も出来るのかしら、と思ってしまいます。
OBの一人としては、嬉しいやら悲しいやら複雑な心境ではあります。
CIMG8798.jpg
(早稲田部外者には内輪ネタにて失礼しました)

スポンサーサイト



9月28日(月) スポーツの秋。

週末は出来るだけ体を動かすように心がけていますが、
先日、駒沢公園まで自転車で出かけてみました。
CIMG8465.jpg
さすがに良く整備され施設も充実していました。
一周2148mのコースを早歩きしてみましたが、とっても気持ち良かったです。
別の日に方向は違いますが、世田谷公園にも行ってみました。
やはりきちんと整備されていて、同様に一周1100mのジョギングコースが
ありました。都内であってもこうした公園を利用できれば安上がりですね。

9月25日(金) 山手線が板チョコに変身。

一瞬、昔の国電を見たような錯覚を覚えました。
恐らく全車両を明治製菓が全面広告ジャックしたのでしょう。
察するに山手線は40車両ほどが周回していると思われますので、
目にすることが出来る確率は40分の1といったところでしょうか。
CIMG8787.jpg

9月23日(水) 黄金色のじゅうたん。

蓼科からの帰路で見かけた光景です。日本の稲作も頑張っていますね。
CIMG8778.jpg

9月22日(火) お化けカボチャ。


路面で大型のカボチャを売っていました。結構なお値段ですが、
ハロウィン向けの業務用飾り以外に、個人で買われる方がいるのでしょうか?
CIMG8783.jpg

9月21日(月) 幻想的な御射鹿(みしゃか)池。

蓼科の「湯みち街道」をドライブし、奥蓼科温泉郷のちょっと手前に
この「御射鹿池」はありました。
CIMG8761.jpg
世間にはあまり知られていませんが、かの東山魁夷画伯がお気に入りの
場所であったとか。
CIMG8759.jpg
確かに、誰が撮っても絵になる景色であること間違いありません。

9月20日(日) ツリーハウス。

連休を利用して長野県佐久の別荘地へ。スリランカ時代からの友人、中村さんの
ツリーハウスを訪問させていただきました。
CIMG8700.jpg
先ずは写真をご覧下さい。(前に立っているおっさんが中村氏)
数年前からご本人より話はお聞きしていたのですが、自ら自力でここまで
造り上げるとは驚愕です。4本の立ち木を利用して正に空中に浮かんでいます。
ご近所の別荘オーナーさん達も、珍しがって見学に来るとか。
CIMG8739.jpg CIMG8703.jpg CIMG8704.jpg
CIMG8710.jpg CIMG8708.jpg CIMG8706.jpg
①ハウスの近景。4本の木に支えられているのが判ります。
②軒先の家紋も手作り。
③ドアの窓は、船の丸窓でミミズク図柄のステンドグラスも手作り。
④室内は意外と広く2人がゆったり寝られます。
⑤飾りの舵も本物のコレクションとか。
⑥何と裏側にはコンポストトイレもありました。

連休明けに中村さんからメールがありました。
なんと我々が訪問した後、エントランスのデッキを完成させたとして
写真を送ってくれました。恐れ入りました。
縮小版 DSC00299

9月16日(水) 海上保安庁「工作船展示館」。

赤レンガ倉庫に隣接して、この工作船展示館がありました。
工作(手作り)の船の模型などが展示されているのかと思いきや、
とんでもない。2001年の北朝鮮特殊船(銃撃戦の末自爆、沈没)を
海底から引き上げ、実物そのものが展示してありました。
CIMG18668.jpg

漁船に見せかけて、実は高速エンジンを搭載し、内部は空洞で特殊船を
内側に搭載していたもの。実戦の映像や実弾の跡などを生々しく見ることが
出来ますので、興味のある方には大変貴重な展示ではあります。
CIMG8670.jpg CIMG8664.jpg CIMG8667.jpg

9月15日(火) 横浜赤レンガ倉庫。

先週末は横浜の商業施設を視察に行ってきました。
この赤レンガ倉庫は明治末期に建設され、当時は最新の技術が導入された
国策倉庫。戦後は米軍に接収され、その後衰退、1989年用途廃止。
1992年横浜市が国から取得改装し、2002年新たな文化商業施設として
リニューアルオープンされたものです。
CIMG18643.jpg
当日は横浜開港150年の催し物で賑わっており、建物も周辺も大変気持ちよく
整備されていて、建築的には大変好感が持てました。
ただ、内部のテナント的にはインパクトがなく、残念ながらリピーター客は
期待出来ないような気がいたしました。
CIMG8661.jpg CIMG8649.jpg CIMG8645.jpg

9月14日(月) 親父バンドの仲間達。

「スリランカ時代のバンド仲間が復活し、秋葉原のスタジオを借りて
月1回のペースで練習している」との連絡を受けました。
そこで先週末、彼らの練習現場を訪問しましたが、腕前は衰えを知らず
曲名を言えば即演奏してしまう技術は素人の粋を超えていました。(褒め過ぎ?)
私も飛び入りで1曲歌わせていただきました。
とにかく写真をご覧下さい。なんとも実に楽しそうですよね!
CIMG8634.jpg

9月7日(月) 路線バスの回転台。

桶川駅で見付けました。まさにターンテーブルです。
こちらのバスの発着所は、敷地が狭くUターンが出来ないための苦肉
の策とお見受けいたしました。単純ですが実にうまく出来ていました。
CIMG8598.jpg
CIMG8601.jpg CIMG8602.jpg

9月4日(金) 「たてしな自由農園」は新鮮で安い!

蓼科からの帰路に必ず立ち寄るのがこちらです。
産地直売なので大手スーパーの半値程度で、取れたての
野菜や果物が手に入ります。
写真は「かざりカボチャ」、1個200円とありました。
CIMG8594.jpg
CIMG8597.jpg

9月3日(木) 本当に不景気?

蓼科のある駐車場での写真です。
たまたまでしょうが、左からボルボ、BMW、ベンツ、ホンダでした。
なぜか4台ともシルバーグレーだったので思わずカメラを向けたのですが、
世の中まだまだ余裕のある方々が多いのではと思った次第です。
8月末の平日ですので、おそらく皆さんリタイア組でしょう。
お年寄り達がお金を持っているのは間違いなさそうですね。
CIMG8479.jpg

9月2日(水) 蓼科の穴場発見、「蓼科大滝」。

20年近く毎年避暑に来ているのにここ「蓼科大滝」は今回初めて
訪れた場所であります。
その理由は「大滝などと名前を付けたものはどうせ碌な代物のはずがない」
と勝手に決め付けたためで、ずっと行かなかった次第です。
ところがビックリ、こんなに近場でのうっそうと茂った森と苔は大変見事で、
極端に言えば、ミニ屋久島の原生林の様相です。
CIMG8518.jpg
場所は、蓼科湖を過ぎプール平のバス停を過ぎて次のカーブの左手に
案内板があります。そこから脇道に入って車で1分ほど走ると駐車場が。
この遊歩道の入り口から徒歩5分ほどで大滝ですが、途中の遊歩道は
うっそうと茂った森のど真ん中で、まさに穴場といってよいでしょう。
CIMG8495.jpg CIMG8497.jpg CIMG8508.jpg


9月1日(火) ビーナスラインのミニ鳥居。

先週丸一週間は、遅い夏休みを蓼科で過ごしました。
あちこち散策したのですが、白樺湖へ向かうビーナスラインの途中の
道路沿いで目にしたのがこのミニ鳥居です。
よく塀に「小便無用」と鳥居が描かれていたことはありましたが、
これはいったい何を意味するのでしょうか。
おそらく安全のためのガードレール代わりと思われますが。。。
CIMG8577.jpg
CIMG8581.jpg