FC2ブログ
 

「コジジのインド日記」改め「それから日記」改め       「コジジ教授の新それから日記」

8月30日(月) インド稲門会、連絡先について。

先般、インド稲門会のメンバーより連絡あり、おひとりが
私のこのブログから会を知り、今般入会されたとのこと。
大変に喜ばしいことで有ります。
ところで、同会の事務局の方が異動で変わりましたので
ご連絡させていただきます。
メールアドレスは、kazutaka.nishimura@toshiba.co.jp
宜しくお願いいたします。
尚、早稲田大学校友会のHPからもリンクしていますので
ご覧下さい。

スポンサーサイト



8月21日(金) 郷土料理「土佐藩」。

東京は実にレストランが充実していますね。
先日誘われた池袋の和食は「皿鉢=さわち」土佐料理づくしでした。
大皿に、鰹のたたき・土佐巻・かずとよ寿司、酒盗などが写真のとおり
てんこ盛り。この一品だけで大満足でした。
CIMG8472.jpg

8月18日(火) 盛夏のお疲れ、No.2。

今朝、出勤時の山手線の駅で。
熟睡のご様子でしたが、夜明かしされたのでしょうか?
CIMG8471.jpg

8月17日(月) 中華「知音食堂」。

先週、中国駐在時代の仲間たちと行ったのがこの店です。
池袋北口を出て徒歩1分、とにかく本物、中国四川の巷の味です。
豚耳などのつまみ系も極めてローカル、そしてどの四川料理の辛さも完璧です。
ただし、日本的な美味にアレンジされた中華をお求めの方には決して
お勧めできません。ガッツーンと脳天に響く攻撃的なうまさですので。
写真の唐辛子の山はちょっと凄過ぎますが。
CIMG8462.jpg

8月14日(金) 盛夏のお疲れ?

電車内でのワンショット。
かなりお疲れのご様子、やはりお盆休みはしっかり取りましょう。
それにしても大胆なお姿。男子顔負け、大物の風格ですね。
CIMG8463.jpg

8月12日(水) 恵美ちゃんの新刊。

アリオでの番組「ありったけアリオ」の司会でお世話になった
多聞恵美さんの本を紹介させていただきます。
CIMG8454.jpg
バイクマガジン月刊誌「BikeJIN」に彼女が連載中の記事を再編集したのが
この本です。(本年1月に出版されました)
CIMG8457.jpg
CIMG8456.jpg
売り出し中の元気娘ですので、皆さんも是非応援してあげてください!

8月9日(日) 向日葵&高山植物。

蓼科高原に行ってきました。花の写真をいくつか撮りました。
CIMG8425.jpg

CIMG8448.jpg CIMG8446.jpg

8月8日(土) サントリー白州蒸留所、工場見学。

以前から行きたかった所でしたが、ようやく実現いたしました。
中央道小淵沢ICから車で15分程度、広大な森の中に大変立派な
施設が待ち受けてくれます。
CIMG8415.jpg
見学は無料で、毎日10時から15時まで。平日は60分毎に、休日は30分毎に
グループに分かれて、美人のガイドさんが案内してくれます。
見学コースは、仕込み→発酵→蒸留→樽作業所→貯蔵庫を約30分、
その後、ホールにて試飲と解説が30分、と実に充実しています。
CIMG8387.jpg CIMG8402.jpg CIMG8392.jpg
エントランス。       美人のガイドさん。   仕込みの工程。
CIMG28393.jpg CIMG8397.jpg CIMG8408.jpg
発酵の工程。       蒸留の工程。      樽焼きの作業所。
CIMG8414.jpg CIMG8419.jpg CIMG8423.jpg
まさに森の中。      嬉しい試飲。       専用のバーも。

尚、併設されている天然水工場見学ツアーもあり、小学生たちが大勢来ていました。
また、京都の山崎蒸留所も同様の見学ツアーが出来るそうですよ。

8月5日(水) 風力発電。

出張した現場の近くに風力発電の風車が。間近に見たのは初めてだった
のですが、その大きさに驚きました。高さが80m近くあるでしょうか。
CIMG8378.jpg
ちなみに調べてみると、日本での風力発電量は未だ200万KW以下だそうで、
日本の総発電量の0.002%、世界の風力発電のわずか1.5%(13位)と
まだまだ開発途上な分野と言えそうです。

8月4日(火) 福岡ヤフードーム。

CIMG8284.jpg
縁あってスーパーシートなる特別席へ招待いただきました。
ヤフードーム自体も初めてなのに、スーパーシートは特等席でした。
入り口から別で、エレベーターを出るとホテルのような廊下に沿って
各部屋が並んでいます。室内は、写真でも判るように応接セットがあり
窓を開けると特別観覧席が有ります。まさに贅沢の極みであります。
試合も地元ホークスが8対3で大勝利、花火は上がるは、天井のドームも
全開するはで、最高のもてなしを受けた心持でありました。
たまにはこうした贅沢もしてみる価値はありますが、自腹ではちょっと
きついかもしれませんね。
CIMG8271.jpg CIMG8280.jpg
CIMG8304.jpg CIMG8329.jpg