FC2ブログ
 

「コジジのインド日記」改め「それから日記」改め       「コジジ教授の新それから日記」

1月29日(木) 朝霧。

このところ連日霧が発生します。朝方は特に激しく、高速道路の渋滞や
飛行機の離発着の乱れは日常的になっています。
写真では判りにくいですが30M先は見えないぐらいで事故も絶えないため、
さすがのインド人も点滅ライトを点けて走行しています。
今朝も、会社まで通常50分程度のところを1時間以上かかりました。
CIMG4432.jpg

スポンサーサイト

1月26日(月) デリィ動物園。

昨日初めて動物園に行ってまいりました。入園料は外国人が50Rs。
(私は在留証があるので10RsのみでOKでした)
CIMG4340.jpg
入り口の写真です。朝10時頃、まだ人出がまばらで直ぐに入場できました。
園内はバッグなど持ち込み禁止。小型のカメラはOKです。

中はとても広くて上野動物園の4倍ぐらいでしょうか、北京動物園を思い出しました。
CIMG4366.jpg
CIMG4388.jpg
入園し歩き始めたのですが、あまりに広そうなので引き返し、
園内遊覧のバッテリーカーに乗ることにしました。
CIMG4343.jpg
(大人が35Rs、一周約45分、要所、要所で停まって案内してくれます。
 時間はどうも不定期で、お客が集まったら出発するようです)

園内の見所は何といってもホワイトタイガー。その勇姿をどうぞ。
CIMG4380.jpg
おまけで、ホワイトピーコック、ホワイトインパラもどうぞ。
CIMG4356.jpg
CIMG4359.jpg

その他様々な動物が、広い囲いに放し飼い的に飼育されています。
この雄大さを見ると、日本の動物園関係者は羨ましがると思います。
面白いのは、サル山もあるのですが、人の通路にも野良のサルたちが餌を求めて
うろうろしていることです。
CIMG4360.jpgCIMG4357.jpgCIMG4361.jpgCIMG4365.jpg
CIMG4372.jpgCIMG4387.jpgCIMG4369.jpgCIMG4350.jpg
(写真をクリックすると拡大できます)

尚、園内は古いながらもキチンと清掃されており、インドでは珍しくゴミひとつ
落ちていません。「やれば出来るじゃん!」と言いたいです。
CIMG4342.jpg
(様々な動物達のゴミ箱です)

というわけで約1時間楽しんで園外へ出てみると、何と人また人の凄い行列。
家族ずれや恋人達がこのように大勢やって来るのも判るような気がしました。
CIMG4395.jpg




1月25日(日) 共和国記念日。

この日は掲題の祝日で動物園へ行ったのですが、入り口で見知らぬおばさんに
「共和国記念日おめでとう」といきなり国旗のシールを付けられました。
当然のことながら「チャリティにお気持ちを」ときました。
分かってはいても10Rsせしめられました。国旗だけに捨てるわけにも行かず
付けていましたが、集金は本当にどこぞへ寄付するものか非常に疑問ではあります。
CIMG4411.jpg

1月24日(土) 朝焼けに飛行機雲が3本。

ゴルフ場へ向かうときに撮った写真です。
珍しくも、3本の飛行機雲が鳥居の形で、お日様を囲んでいました。
なんとなくありがたいような気持ちになり、思わず撮影いたしました。
CIMG4335.jpg

1月23日(金) タイの新聞コラムを読んで。

タイへ出張した際、読売新聞国際版のバンコク異聞「つれない返事、ぶれない心」
という記事を読みました。要約すると、
タイ人と話していると肩透かしにあうことが多い。
例えば、「オバマ新大統領をどう思う?」に返事は「別に普通」と。
ムエタイの優勝選手に「なぜムエタイ選手になったのか?」
に「別に理由は無い」とか。
要するに期待に反する返事が来ることが多いとのこと。
タイ人が、口下手であるとか反抗的であるとかでは決して無い。
「本当にどうでもいいと思っている」のではないか。
タイでは日常的に仏教の教えが浸透しており、「中道」すなわち左右に
ぶれることなく喜怒哀楽を表に出さず心を乱さないことが望ましい。
悟りきれば生死さえ「別に普通」な出来事となる。
どうもこの辺りから来ているのではないか。。。と結ばれていました。

なにかインド社会に対しても言えるような話でご披露した次第です。
米国人などは、やたらと押し付けがましく白黒はっきりしたいがための
意見をしてきますが、「余計なお世話だ!」と言ってやりたい気がします。

1月9日(金) 新年賀詞交歓会。

この日、大使公邸にて開催され、約350名のインド在住の方々が参加されました。
写真のとおり手の込んだ正月料理も振舞われました。
CIMG4180.jpgCIMG4182.jpgCIMG4183.jpgCIMG4186.jpg
(写真をクリックすると拡大できます)

尚、手違いで記事の日付順序が、前後しました。 お詫び致します。



1月21日(水) 車のアクセサリー。

写真は、私の車の後部座席です。ヘッドレストに付けたクッションを
ご覧下さい。丁度、首の下部が当たるのでたいへん心地よいです。
カーアクセサリーショップで500Rsでした。金属製のティッシュケースも
500Rsでした。
尚、助手席のヘッドレストは写真のように意図的に取り外しています。
走行中に前の視界が良く、精神的に安全感が持てますよ。
CIMG4286.jpg
CIMG4284.jpg


1月20日(火) インドのタクシー。

前から気になっていたのですが、インドのタクシーはそのほとんどが
写真のようなインド製の「アンバサダー」であります。
今でもマヒンドラ社が製造しており100万円程度とか。
エンジンはイスズ製、車体の鉄板が分厚くて頑丈ではあります。
英国タクシー同様、マニアには垂涎の車かもしれませんね。
CIMG3601.jpg

ちなみに役所などの公用車も同じタイプのアンバサダーが主流です。
色は白で統一されています。
CIMG3603.jpg

参考: 近くにある学校のスクール専用送迎車たちです。
CIMG3606.jpg
CIMG3607.jpg



1月19日(月) インドの郵便ポスト。

写真は会社の近くにある郵便ポストです。
昔あった日本のそれとそっくりです。
次の回収時間が示されているのが何とも親切ですね。
CIMG4266.jpg
新たにツインのポストを発見しましたので追加します。
左が国内専用、右が外国その他用だそうです。
CIMG4287.jpg

1月18日(日) フィールド一面、黄色のじゅうたんに。

この時期ちょっと郊外へ出ると、あたり一面は見渡す限り黄色一色です。
マスタードの畑だそうです。畑という畑がマスタードを栽培しています。
日本の菜の花に似て、実に素朴で好ましいものであります。
農家としては、このマスタード栽培を二毛作として導入したことにより、
以前に比べ経済的に大いに助かっているとのことです。
CIMG4257.jpg
参考: マスタードは遡るとギリシャ時代から栽培が開始された模様です。
    当時はヘビやサソリの毒の中和剤として利用していたとのこと。
    中国でも漢方の消炎剤として利用されていたようです。
    香辛料としては、1720年に英国のクレメント夫人が開発販売し大成功、
    財を成したそうです。
    ちなみに、このマスタードは、洋がらし或いはホワイトマスタードとして
    オイルなどに利用される、辛味のソフトな種類。
    日本の和がらしやドイツのものは、ブラックマスタードとして、辛味の強い
    別の種類だそうです。

1月15日(木) グジャラート州へ出張。

先週末の11日から13日までインド日本商工会主催の
「グジャラート州投資環境視察ミッション」に参加。
アーメダバードへ行って来ました。
 注)バードはイスラム語で街の意。例えばイスラマバードはイスラムの街。
   また、プルはヒンディ語で街の意。例えばジャイプール、ウダイプル。

メインイベントは2年に一度開催の「グジャラート・投資サミット2009」。
会場のサイエンス・シティ(博覧会場のような施設)のメインホールには
約6000人の人々が大集合し、10時の開会とともにModi首相(日本では県知事
ですが規模が違うので一国の首相並み)を迎えることとなりました。
DSCF1033.jpg
壇上には世界各国からの来賓が着席。(堂道大使、ケニア首相の他、カナダ、
ウガンダ、スリランカなどから大臣クラスが。国内からはタタ会長、リライアンス
長男など財界の大物達が。竹中平蔵さんもゲストスピーカーとして着席。)
2時近くまで延々3時間にわたり挨拶が続きましたが(大使や竹中さんのスピーチも
なかなか良かったですが)、やはりタタ会長などインド人のスピーチはたいしたものと
思わされました。タタ氏いわく「グジャラートへ投資しない奴はバカモノ、と言われたが
どうも私はバカモノではなかったみたいです」

極め付きは何といってもモディ首相のスピーチでした。
「グラスに水が半分あるとき、ある人は、“水が半分入っている”と言う。
またある人は“水が半分しか入っていない”と言うでしょう。どちらも違う!
私はこう言います。“半分の水と半分の空気で満杯だ”と。
今、世の中は不景気風が吹き荒れているが、今こそ前向きに考えようではないか!」
Modi01.jpg
翌日の新聞によると、この日一日で結ばれたMOU(意向書)は437件、
総額が15兆円にも上ったそうです。
何処まで実現するかは別としてもモディ首相の求心力は驚異的です。
現政権に真っ向から対峙するBJPのリーダーですが、次期総選挙の結果次第では
インド国の首相となってもおかしくない人物であることが良く判りました。

困ったことは、この州では全くお酒が飲めないこと。
JETROさんの計らいでホテルの冷蔵庫にビールが1本入りましたが、
基本的にはNo、食事もべジオンリー。
そのせいか2回あった宴会は少々盛り上がりに欠けるものでありました。

1月8日(木) 番外編その2.

12月30日に高校時代のクラス会があり、出席しました。
この会が大変素晴らしいのは、卒業以来38年間、毎年必ず
12月30日に新宿で開催され、いつも10人以上が集まっていることです。
今回は、たまたま高校生時代の写真を持ってきた仲間がいて、
一同それを肴に大いに盛り上がりました。
それでは、おじさん版「BEFORE-AFTER」をご覧下さい。
6c7912c7[1]
(問題)さて、私は下の写真の何処に居るでしょう?絶対に判らないと思います。
CIMG4178.jpg
CIMG4177.jpg
(答え)後列の上着を取ったシロシャツが私です。
    自分でも信じられないスマートさ、全く別人のようです。

尚、この仲間の大崎龍一氏(ジャズピアニスト)が、NYはカーネギーホールにて
6月27日(土)にリサイタルを行います。大変な快挙です。








1月5日(木) 番外編。東京での年末。

12月20日 立正大学で講演。題して「最新インド事情」
中学の同級生、佐藤教授のご依頼で約300名の学生さんに話をさせていただく。
内容はほとんどこのブログ中心にパワーポイントで行いました。
CIMG4076.jpg
ちょっと意識してインド的な出立ち。
CIMG4074.jpg
開始直前の写真。ちなみに前列の3女性は私の同級生達ですので念の為。
CIMG4083.jpg
皆さんかなり興味を持って、真剣に聞いてくれました。ご清聴ありがとう。
CIMG4094.jpg
講演終了後、佐藤一義教授(経営学部)とツーショット。

12月24日(水) JAY-WALKのXマス・ディナーショウへ。
たまには贅沢をしよう、と行ってきました。
CIMG4106.jpg
丸の内のコットンクラブに集まった客は、ほとんどが熟女達でした。
CIMG4127.jpg
懐かしい曲が次々と生演奏で。元来演奏が上手いグループなのでグッドなのですが、
時々息遣いが苦しそうでちょっと心配になりました。
アンコールでお客さんも漸く総立ちとなり大変に盛り上がりましたが、
途中で座り込む方々も何人かいらして、年齢を再認識してしまうXマスでした。

12月25日(金) 東京タワー。
50周年を迎えたということでイルミネーションが特別バージョンに。
皆さん、ご存知でしたか?
CIMG4115.jpg






1月5日(月) 謹賀新年

明けましておめでとうございます。
昨日デリィにもどって来ました。本年も宜しくお願いいたします!
私の年賀状をお届けさせていただきます。
CIMG4175.jpg
(おまけ) 今年はちょっと手抜きしましたが、過去の力作の一部を
      幾つかご紹介させていただきます。
CIMG4174.jpg




12月18日(木) デリィ空港に喫煙室が新設。

出発ロビーのゲートEの近くに新設されました。
喫煙者には大変ありがたいことです。
CIMG4069.jpg
室内の壁に電気式のライターがあるのですが、これがニクロム線むき出しで
ある意味レトロな面白さがあります。
CIMG4070.jpg
先日(1月末)に覗いたら少し改善されていました。CIMG4289.jpg