FC2ブログ
 

「コジジのインド日記」改め「それから日記」改め       「コジジ教授の新それから日記」

11月23日(日) デリィ日本人学校・大運動会。

爽やかな秋晴れの下、子供達と大人達も大いに楽しんだ一日でした。
幼稚園児やインターの子供も加わって総勢300人以上、大人も入れたら
500人以上が参加したのではないでしょうか。
コロンボの運動会は子供が100人、大人も100人位だったでしょうか。
毎年、雨とテロの心配をしていたのを思い出しました。
CIMG3548.jpgCIMG3557.jpgCIMG3563.jpgCIMG3530.jpg
CIMG3549.jpgCIMG3532.jpgCIMG3574.jpgCIMG3575.jpg
(写真をクリックすると拡大できます)







スポンサーサイト

11月21日(金) デリィにも柿が。

11月21日(金) デリィにも柿が。
お呼ばれしたお宅で写真の「柿と梨」を出されてビックリ。
柿がキロ100Rs、梨がキロ150Rsとか。一個にすると25~30Rsでしょうか。
デリィで柿が食せるとは。まさに秋の気配を味あわせて頂きました。
但し、柿は渋柿も多いので買うときには注意が必要とのことです。
CIMG3504.jpg

11月20日(木) ムンバイ、レストラン情報。

10年ぶりにムンバイへ。同行者の持っている雑誌に「ムンバイ、グルメ
和食最新情報」と題して、レストラン「SHIRO」の紹介記事あり。
「ムンバイのクリエーター達が集う、倉庫を改造した最新和食レストラン。
ニューヨーク・ソーホーを連想させる斬新なデザインの内装」と。
さっそく行ってみました。
CIMG3410.jpg
さすがにデリィの一歩先行く斬新なデザインは見事。
5mはある立像が目を引き、不思議な世界へと導かれる。
CIMG3423.jpg
料理も期待以上でシッカリしています。
左の刺身盛り合わせが1400Rsとお値段もリーズナブル。
CIMG3412.jpg
カクテルのキャンペーンで、ご覧のロシア娘がサポート。これにはデリィ完敗。
CIMG3427.jpg
隣接のハードロックカフェ。
ムンバイの新名所になるのは間違い無しかも?
*「Shiro」 Bombay Dyeing Factory S B Road Lower Parel
Tel +91-22-6615-6969








11月18日(火) オートリキシャ考。

チェンナイ、バンガロールへ出張に行ってきました。
写真を見比べると一目瞭然ですが、各地でオートリキシャの色が違うのです。
これからは意識して収集に努めたいと思います。
CIMG2861.jpg
デリィのオートリキシャ。
CIMG3301.jpg
チェンナイのリキシャ。
CIMG3376.jpg
バンガロールのリキシャ。
CIMG3454.jpg
ムンバイのリキシャ。
CIMG3748.jpg
パンジャブのリキシャの写真も撮影に成功。追加します。
CIMG3849.jpg
バラナシのリキシャも追加します。

尚同様に、州毎に州の旗があるというのにも気がつきました。
この黄色と赤の旗は、バンガロールのあるカルナータカ州の旗です。
チェンナイのタミールナドウ州の旗は、赤と黒でした。
デリィは特に無いそうです。
CIMG3391.jpg
CIMG3506.jpg
資料を探して見たら、15の州の旗が載っていました。






11月15日(土) コールマユール 定期コンサート。

デリィ在住奥様方のコーラスグループの発表会です。

日本人学校の体育館で行われ、途中に友情出演として、混声ユニット
「チャートマサラ」のコーラス、「デリィ和太鼓会」の皆さんの演奏も入り、
あっという間の1時間半でした。
実は、「もしもたいしたこと無かったら15分位で戻るから」と運転手に
言っていたのですが、なかなかどうして、演奏される皆さんの気持ちが
伝わってくる、実に気持ちの良いコンサートでした。
CIMG3241.jpg
CIMG3250.jpg
CIMG3267.jpg
CIMG3279.jpg
ちょっと残念だったのは、観客のほとんどがお子さん達。本当に聞くべきなのは
ご亭主さん達じゃありませんか? ゴルフばかり行っていてはバチがあたりますよ!

参考:コーラスグループ「コールマユール」
1993年にヒンディー語の孔雀「マユール」という名前で発足。
現在34名の会員で、毎年コンサートを実施。今年で9回目。
毎週金曜日10:00~12:00日本人会室で練習。会員募集中。

11月13日(木) 週刊文春11月6日号。

私の会社は恵まれていて、週刊文春と週刊新潮が送付されてきます。
このような地域に駐在すると、NHK放送や日本の週刊誌ほどありがたいものは
ありませんので、毎回たいへん楽しみにしています。
さて、文春11月6日号ですが、なんと巻頭記事を私の高校同級生の
神谷秀樹氏が書いているではありませんか。
題名は、「強欲資本主義が自爆した!」です。2週連続とのことですので
皆さんご期待下さい。
彼とは私がインド赴任前には、彼がニューヨークから日本へ立ち寄った際は
時々会食していましたが、「とにかく良く話す、元気一杯、人の話も聞く」で
お互いパワーを分け合う間柄でした。
CIMG3216.jpg
さっそく彼に記事を読んだとメールしたところ、直ぐに返信あり、
この10月に出版したばかりの「強欲資本主義 ウォール街の自爆」(文春新書)が
ベストセラーとか。 是非ご一読を。

11月9日(日) デリィ・ハーフマラソン。

年一回の大イベントがデリィの中心部にて開催されました。
我社からは3名が参加、折り返し地点での写真撮影を約束していたので、責任重大。
スタートは7:30と聞いていたので、折り返し地点には8:30までにと出かけたところ、
デリィの中心街がコースとなるため、かなりの道路が交通封鎖されており、
手前のロータリーからメリディアンホテルのロータリーまで10分ほど、急遽、私も走る
はめになってしまいました。

待つこと15分ほどで、3名のランナーが次々とやって来ました。
それではお三方の勇姿をご覧下さい。 
CIMG3177.jpg
先ず、楊選手。目標の2時間以内を達成し、1時間48分はご立派。
中間地点なのに何故か写真はゴールのようですね。
CIMG3182.jpg
続いて田辺選手。2時間10分はなかなか。
写真は笑顔ですが、実際はかなりキツそうでした。
CIMG3184.jpg
そして上平選手。マイペースの2時間29分。
中間地点ではこの笑顔でしたが、ゴール地点では足が棒状態だったとか。
良くぞ完走されました。パチパチ。

参考までに、この日の参加者は25000人、何と優勝のエチオピア選手は、
21Kmを59分14秒、と1時間を切ったそうです。恐ろしいスピードです。

尚、楊さんは何とこの日の夜中の3時に香港へ出張、田辺さんも上平さんも
翌日はいつもどおり出勤されていたのには頭が下がりました。
ただ上平さんは階段を上れず足を引きずっていましたが。。。
高畑さん、大塚さん、応援お疲れ様でした。中間地点での声援が何よりも
励みになったと皆さん感謝していました。

11月6~8日 再び「アグラ→ジャイプール」の旅へ。

家内が姉を伴ってインドを初訪問してきました。どうしても見逃せないコースとなると
やはりこれ。3ヶ月前と全く同じコースを辿ることと成りました。
ただし今回は絶対にはずせない場所として、アーバネーリーの階段井戸を加えました。
第一日目はアグラにてタージマハール、アグラ城を見学。
第二日目はホテルを早めに出発し、私がお気に入りの世界遺産「ファテープル・シィー
クリー」を見学(映画「落下の王国」ではふんだんに撮影現場として活躍)。
そして今回のハイライト「階段井戸」へと向かいました。
アルカカット氏の偉大なるブログ「これでインディア」をみてこの場所を知り、
何としても辿り着かねばと頑張った次第です。
CIMG3132.jpg
CIMG3107.jpg
先ずは写真をご覧下さい。凄い迫力でしょう!
総段数が6000段だそうです。出来たのは8~9世紀とのこと。

さて場所ですが、ジャイプールから約80Kmアグラ寄りのシィカンドラー(ジャイプール寄り
直ぐに料金所がありますので、アグラ方面からもし行き過ぎても直ぐに分かります)の
街の交差点を北側へ、県道25号線(SH25)に入ります。
直ぐにまた県道の料金所があり、そこから5Kmほど直進すると、立像のあるサークルへ、
そこを右折し約3Kmでアーバネーリーの町となります。
アルカカット氏は苦労して探されたようですが、私は彼の解説があったので
全く間違わず辿り着けました。
CIMG3101.jpg
この写真は隣接するハルシャット・マーター寺院です。廃墟のようですが、
きちんとハルシャット女神が祀られています。
CIMG3138.jpg
(おまけ写真) コブラが2匹。
CIMG3150.jpg
(おまけ写真) 象のタクシー。2人で570Rs。何れもアンバール宮殿にて。

第三日はジャイプールのアンバール宮殿、アンバール城塞へ。
そして第二のお目当て、ニームラナ・フォートパレス・ホテルを目指したのですが、
何と結婚式で貸切とか。門番から冷たく「本日は部外者お断り」とビシッと言われる。

かくしてグルガオンに戻ってきましたが、三角形の何れの各辺も約250Km。
3ヶ月前のツアーでは、一辺の移動時間が休憩も入れて5時間程度でしたが、
今回は4時間程度ではなかったかと思われます。
道路工事がどんどん進んでいて、あと少しで全ルート完成といった印象でした。
CIMG3097.jpg
素晴らしい道路!時速100Kmでも問題なし。
CIMG3096.jpg
でも路肩の「日干しウンコ」は相変わらず。







11月4日(火) グルガオン・レストラン情報。

以前から一度行ってみたかった店「コリアンダーリーフ」に行ってきました。
ランチセットのノンベジカレーセット(写真ご参照、これで350RSと安い!)を
注文。評判通り大変美味しく、お連れした出張者も大満足でした。
店の雰囲気も、従業員の態度もGOOD! お勧め度☆☆☆☆☆です。
CIMG3049.jpg
CIMG3050.jpg
超モダンな内外装。 場所が分かりにくいのが欠点です。
モールストリートのCITY・CENTERモールの後ろにあるビルの別棟です。
スシャントロック住宅街のゲートではなく、その左横のビル専用ゲートを入いり、
更にビルの車寄せまで入ってしまいます。 (TEL 124-406-3131)

CIMG3052.jpg
このほかにナンが付いています。 デザートは、アイスではなくココナツ味の
ケーキをペースト状にしたもので、洒落た専用スプーンですくって食べます。
CIMG3053.jpg




11月2日(日) インドもようやく秋の気配。

ゴルフ場へ行く途中での写真です。辺り一面がススキ野原、朝日と靄で
幻想的な景色を醸し出していました。
CIMG3061.jpg